勃起不全

勃起不全の原因は

勃起不全とは別名EDとも呼ばれています。
どちらかというとEDと言った方がなじみがあるのかもしれませんね
年齢に関係なく若い人でも起こる勃起不全で一人で悩んでる方も多いと思います。

 

勃起不全 すなわちEDの原因はは3種類に分類することができます。

 

機能性、機能性と器質性の混合性器質性 

 

機能性とは心理的な要因の事で勃起不全の要因で一番多いものです。

 

特に身体に不調を感じないのに、過度のいろいろなストレスが原因となり
心理的に影響を受けてしまい勃起不全が誘発される事です。

 

子作りのプレッシャー、パートナーとの心のズレ、家庭や仕事での過度なストレス、不規則な食事、
疲労困憊、睡眠不足、車での通勤による運動不足、連日のお酒の飲みすぎ、喫煙、
性行為に対するトラウマ、緊張、昔からのコンプレックスなど、毎日の生活パターンが原因になります。

 

 

器質性とは身体的な要因の事で身体機能になんらかの障害や異常があり、
性機能にも影響し勃起不全が誘発さる事を器質性勃起不全と呼ばれています。

 

 

機能性と器質性の混合性とは高血圧、糖尿病、高脂血症など病気によるものです。
高血圧、糖尿病、高脂血症、脂質異常症など生活習慣病などが原因となりEDのリスクが高くなります。

 

 

その他、神経障害なども器質性にあたります。
性的な刺激が脳から神経を介して信号が陰茎に伝わると陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり
血液が流れ込みますペニスが固くなります。
これが正常に勃起している状態です。

 

しかし動脈硬化など血管自体に障害がある場合には、
陰茎海綿体の動脈が広がりが小さい為、十分に血液が流れ込まず、勃起状態になりません。
または勃起しても硬さが足りないなど満足な勃起が得られない事になります。
動脈の拡がりが不足してしまうとEDになる確率が高くなります。

 

 

その他、脊髄損傷、脳出血、脳外傷、脳腫瘍、アルツハイマー病、パーキンソン病、など
神経が障害される病気も、脳から勃起の信号をペニスに伝達しづらくなり勃起不全の原因になります。